養源寺花まつり

池上七福神の1つである、養源寺(池上1丁目)で4月7、8日に花まつりが開かれた。

寺院内では仏教彫刻や能面の展示会、写真展など催された。境内では舞台が設けられ7日がお琴、8日は八丈太鼓の演奏を行った。

8日の舞台で力いっぱい八丈太鼓を叩いた成澤純さん(練馬区在住)によると、二人一組で叩き、即興で演奏する点が八丈太鼓の特長という。由来は諸説あるが、八丈島の女性が気晴らしで太鼓を木に吊して叩いたのが始まりだといわれる。

当日は、八丈太鼓まごめ会の水野只道会長も車椅子姿で演奏を見守った。

様々な仏像彫刻が並べられ、写真展も催された
 
池上主催の滝澤勲さんの能面も目を引いた
 

城南タイムスWEB編集部

by 城南タイムスWEB編集部 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です